研究成果報告書(概要)

平成13年度 第20回

研究課題
東京染小紋を中心とした文化財の堅牢度の研究
研究者所属
株式会社 二葉 代表取締役
研究者氏名
小林 文次郎
研究期間
平成13年4月1日から平成14年3月31日まで

報告書はこちら(PDF51KB)

研究成果 概要

和文

1)
変色、退色を制止するための染料について、新たな染料の発見があった。
2)
染色素材については、本来の天然繊維の他、合成繊維についても新たな染料と染色技法を開発、活用することにより、従来は不可能であった製品も生産可能となった。
3)
伝統的な日本の染色が、なおいっそう価値あるものとして革新され、後の世にも継承されるためにも、品質向上、用途開発など、生活文化向上に貢献するものと確信できる。
4)
自然染料と合成染料のウエザリングの関係については、季節、時間帯など、諸々の条件要素があり、すべてを検証するに至らなかったが、一つの方向性を見出し一応の成果を得たものと判断している。

英文

1)
A new dye that prevents color changing and discoloring has been discovered.
2)
New dye and dying technique that can be applied not only to natural but also to synthetic fiber has been developed, allowing for manufacturing products that have been impossible in the past.
3)
There is strong confidence that this discovery will contribute to the improvement in the cultural life in the form of quality improvement and utilization, which will renew Japan’s traditional dyeing as a much more valuable culture that will be passed down to future generations.
4)
The relationship between the weathering characteristics of natural and synthetic dyes was not able to be thoroughly inspected due to the various conditional elements such as seasons and time periods, but an approach for this research has been found, which we believe is a progress.

お問い合わせはこちらまで

公益財団法人
スガウェザリング技術振興財団 事務局
お問い合わせフォーム

  • TEL:03-3354-5248
  • FAX:03-3353-4753
ページの一番上に戻る