研究成果報告書(概要)

平成17年度 第24回

研究課題
2005年度国際ゴム技術会議
研究者所属
東京工業大学大学院 理工学研究科 教授
研究者氏名
西 敏夫
研究期間
平成17年10月24日から平成17年10月28日まで

報告書はこちら(PDF50KB)

研究成果 概要

和文

 本会議は”Focusing on Inspiration for the Science and Technology of Rubber and Elastomers in the 21st Century”をテーマに、特別および招待講演が海外15・国内12、口頭発表は海外51・国内60、ポスター発表は海外15・国内47と、合計200の演題発表があり、約半数が海外からの発表となった。基礎から応用にいたる研究成果の発表や討論が活発に繰り広げられた。参加者は535名であった。
 本国際会議を契機として、この分野における日本の科学者・技術者がさらに大きな国際貢献をなしうることも大いに期待できるという意味で、開催には大きな意義があった。

英文

 Based on the theme “Focusing on Inspiration for the Science and Technology of Rubber and Elastomers in the 21st Century”, 200 papers were presented at the conference (27 invited lectures, 111 oral presentations and 62 poster presentations) of which approximately half were from overseas. The conference, which attracted 535 participants, featured presentations covering both basic and applied research, and benefited from many lively discussions. We have high hopes that, as a result of this highly significant conference, Japanese scientists and engineers in this field will go on to make an even greater international contribution.

お問い合わせはこちらまで

公益財団法人
スガウェザリング技術振興財団 事務局
お問い合わせフォーム

  • TEL:03-3354-5248
  • FAX:03-3353-4753
ページの一番上に戻る