研究成果報告書(概要)

平成17年度 第24回

研究課題
(海外出張助成)
ISO/TC45 2005年国際会議「耐候性材料」会議参加(サンフランシスコ)
研究者所属
(財)日本規格協会 標準部 標準調査課
研究者氏名
三橋 健八
研究期間
国際会議参加期間(平成17年10月24日~平成17年10月28日)

報告書はこちら(PDF67KB)

研究成果 概要

和文

1.
はじめに
本研究は、自然放置における経時変化の傾向が判明している比較材料(基準材料)の開発を目的としている。比較材料が開発されると、経時変化の分からない新製品と共に比較材料を屋外暴露または室内促進暴露試験を行い、その結果を基に、新製品の寿命を短期間の試験で推定できる特徴を有している。本研究はNEDO(新エネルギー・産業技術総合開発機構)の委託事業で日本より2000年から進めていた。実験を始めてから5年目の昨年の会議でISO/NWIP(新規提案)を行なった。今年はその結果の審議である。
2.
審議結果
国際会議では過去3回(2001年、2002年、2003年)に実験結果を報告し、この世界各地での実験の結果を共有財産として理解を示し、NWIP後直ぐにDIS (ISOの原案)として認める結果となった。DISに対するコメントは37項目あるが、4項目は日本からの文章の修正(editorial)で残りは全て英国からであった。英国の33項目のコメント中で技術的な(technical, general)項目は8項目でありこの審議に時間をかけた。結果として、日本国内での調整後FDIS (ISOの最終原案)に成ることで6年間の努力が報われた結果となった。日本の耐候性に対する活動を評価したものであろう。

英文

1.
Introduction
This study aims to develop material life (reference material) which is proved to have tendency of natural aging. When material life is developed, the material life will go through an outdoor exposure test or intensified indoor exposure test along with a new product which is unknown to have tendency of aging. Based on the result, lifetime of the new product can be determined by a short-term test. This study was initiated by Japan in 2000 as a project entrusted by NEDO, the New Energy and Industrial Technology Development Organization. At the meeting last year, when five years passed since its initiation, the NWIP was submitted to ISO. We discussed the result at this year’s meeting.
2.
Deliberation result
Our experimental results were reported three times at international meetings (in 2001, 2002 and 2003). The experimental results around the result world were recognized as common assets, and were approved as ISO’s DIS soon after the NWIP. Thirty-seven comments to the DIS were received. Four of them were from Japan concerning editorial amendment, and all the rest were from UK. Among the 33 comments from UK, technical items were eight, on which we focused in the meeting. As a result, efforts for six years paid off because all the items coordinated in Japan were upgraded to ISO’s FDIS. Probably, ISO recognized activities on weather resistance in Japan.

お問い合わせはこちらまで

公益財団法人
スガウェザリング技術振興財団 事務局
お問い合わせフォーム

  • TEL:03-3354-5248
  • FAX:03-3353-4753
ページの一番上に戻る