スガウェザリング技術振興財団
「グローバル大気腐食データベースの構築」のご案内

内容紹介

本書は、平成21年度より当財団腐食研究委員会プロジェクト委員の石川雄一氏、須賀茂雄氏が中心となりまとめたものです。これまで各国の研究機関や公設試験機関をはじめ、さまざまな協会・学会・団体で実施されてきた金属材料の屋外暴露試験の腐食データを、一元的に抽出しまとめたデータベースです。

第1巻は炭素鋼、第2巻は亜鉛・銅についてまとめています。

第1巻:グローバル大気腐食データベースの構築(1.炭素鋼)

グローバル大気腐食データベースの構築(1.炭素鋼)
編集 公益財団法人スガウェザリング技術振興財団腐食研究委員会
発行 公益財団法人スガウェザリング技術振興財団
体裁 A4判 85頁(付録除く)
定価 10,000円(税込)
発行日 2011(平成23)年12月1日

目次

  1. 背景と目的
  2. 大気腐食の腐食メカニズム
  3. 大気腐食の腐食性分類に関する国際規格
  4. 大気腐食の主要環境因子
  5. 炭素鋼のグローバル大気腐食データベースの構築
    5.1 主な大気暴露試験国際協力プログラム
    5.2 世界各国の大気腐食データ
      (北米、中南米、ヨーロッパ、ロシア、アフリカ、中近東、アジア、オセアニア、日本)
  6. まとめ

付録 世界大気腐食マップ

第2巻:グローバル大気腐食データベースの構築(2.亜鉛・銅)

グローバル大気腐食データベースの構築(2.亜鉛・銅)
編集 公益財団法人スガウェザリング技術振興財団腐食研究委員会
発行 公益財団法人スガウェザリング技術振興財団
体裁 A4判 96頁(付録除く)
定価 10,000円(税込)
発行日 2013(平成25)年3月15日

目次

  1. 背景と目的
  2. 腐食メカニズムと亜鉛・銅の大気腐食
  3. 大気腐食の腐食性分類(国際規格改訂版)
  4. 大気腐食の主要環境因子とその測定方法
  5. 亜鉛・銅のグローバル大気腐食データベースの構築
    5.1 主な大気暴露試験国際協力プログラム
    5.2 世界各国の大気腐食データ
      (北米、中南米、ヨーロッパ、ロシア、アフリカ、中近東、アジア、オセアニア、日本)
  6. まとめ

付録 世界の腐食量データマップ(亜鉛・銅)

「グローバル大気腐食データベースの構築(2.亜鉛・銅)」訂正のお知らせ(2016.11.21)

平成25年3月15日に発行しました標記書籍において、記載内容に誤りがございました。
読者の皆様にはご迷惑をおかけしましたことを謹んでお詫び申し上げますとともに、下記正誤表の通り訂正させていただきます。
標記書籍をご利用の方は、正誤表をご覧くださいますようお願い申し上げます。

これはPDFファイルです 「グローバル大気腐食データベースの構築(2.亜鉛・銅)」正誤表(375KB)

公益財団法人 スガウェザリング技術振興財団 腐食研究委員会「グローバル大気腐食データベースの構築」プロジェクト委て

[委員長] 春山 志郎 (東京工業大学 名誉教授)
[委 員] 石川 雄一 (早稲田大学)
石毛  篤 ((一財)日本ウエザリングテストセンター 主任研究員)
伊藤  叡 (新日鉄住金マテリアルズ(株) 常務取締役)
須賀 茂雄 (スガ試験機(株) 代表取締役社長)
田原  晃 ((独)物質・材料研究機構 主任研究員)
藤井 和美 ((株)日立製作所 日立研究所 主任研究員)
藤田  栄 (JFEスチール(株) スチール研究所 部長・主席研究員)
武藤  泉 (東北大学大学院 准教授)

(グローバル大気腐食データベースの構築(1.炭素鋼,2.亜鉛・銅)発行当時[五十音順敬称略]

お申し込みについて

本書の購入を希望される方は、下記申込書にご記入の上、当財団事務局までFAXにてお申込ください。申込書を確認次第、書籍と請求書をご指定のお届け先に発送いたします。書籍到着後、指定の振込先へお支払いください。振込手数料はお客様ご負担でお願いいたします。

FAX申し込み用紙

お問い合わせはこちらまで

公益財団法人
スガウェザリング技術振興財団 事務局
お問い合わせフォーム

  • TEL:03-3354-5248
  • FAX:03-3353-4753