スガウェザリング技術振興財団について

設立趣旨

当財団は、プラスチック、塗料、金属、色材、繊維、皮革などの材料・製品の耐候光性、耐腐食性、老劣化性に対する”ウェザリング技術”に関して、 研究人材の育成、功労者の表彰、試験研究の助成、研究委員会による試験研究などを行うことによりその技術振興を図り、 もってわが国の産業発展および国民福祉の増進に貢献することを目的に、スガ試験機株式会社の後援により、設立されました。

当財団は、2011年11月24日付で内閣総理大臣の認定を受け、2011年12月1日、財団法人スガウェザリング技術振興財団から公益財団法人スガウェザリング技術振興財団に移行いたしました。

  • 移行:2011(平成23)年12月1日
  • 旧所管:文部科学省(旧 科学技術庁)
  • 設立:1981(昭和56)年12月10日

事業内容

  1. 1. ウェザリング技術に関する功労者の表彰。
  2. 2. ウェザリング技術に関する試験研究の助成。
  3. 3. ウェザリング技術に関する学会、研究会などに対する援助。
  4. 4. ウェザリング技術の普及啓発。
  5. 5. ウェザリング技術に関する各種標準化事業。
  6. 6. その他必要な事業。

ウェザリング技術とは

住宅、自動車、船舶、飛行機等に使用されているプラスチック、塗料、金属、色材、繊維などのあらゆる材料は、 太陽光、雨、露、雪、風、塩分、ガス、オゾンなどの自然環境に暴されて劣化、腐食、変退色していきます。この現象は“ウェザリング”と呼ばれます。
ウェザリング技術は、まさにこの現象の実態を解明し、材料の寿命を予測するとともに、材料の耐劣化性、耐腐食性の向上を図るための技術で、 製品の性能改善、生産費引下げなどの効果を期待するほか、省資源的見地からも広い裾野を有する技術分野であります。

寄付金募集

当財団は、ウェザリング技術に関する「特定公益増進法人」として、唯一認可を受けている法人です。昭和56年12月に内閣総理大臣より設立認可を受けて以来、ウェザリング技術に関する事業(研究人材の育成、功労者の表彰、試験研究の助成、講演会及び試験研究)に取り組んで参りました。
これからも当財団事業の継続と更なる充実を図り、努力を重ねて参る所存でございます。
つきましては、当財団事業にご賛同いただける皆様に寄付金のご支援を賜りたく、お願い申し上げます。

  1. 法人による寄付金の場合

    1. 1口  50,000円
  2. 個人による寄付金の場合

    1. 1口  5,000円
  3. 寄付金は、税法上の優遇措置を受けることができます。

    1. 当財団は、法人税法施行令第77条第1項第3号と所得税法施行令第217条第1項第3号とに規定されている「特定公益増進法人」ですので、当財団(特定公益増進法人)に対する寄付金は、その支出について、税法上の優遇措置を受けることができます。

  4. 寄付申込書

    1. 寄付の申し込みは、寄付申込書(個人用・法人用)をご使用下さい。

    1. ご不明な点は、事務局までお問合わせ下さい。

お問い合わせはこちらまで

公益財団法人
スガウェザリング技術振興財団 事務局
お問い合わせフォーム

  • TEL:03-3354-5248
  • FAX:03-3353-4753
ページの一番上に戻る